• ホーム
  • ストレスによる不眠症にはメラトニン

ストレスによる不眠症にはメラトニン

ストレスが原因で不眠症になっているときは、医薬品もしくはサプリなどでメラトニンを摂取すると解消しやすくなります。
メラトニンは人の身体の中でも分泌するホルモンですが、子供のころに分泌量のピークを迎え、年齢とともに分泌量の減少が起こります。
加齢によって眠れなくなるのも、メラトニン量と関わりがあると言って良いでしょう。

また、大人になると社会生活の中で多様な人間関係を持つようになります。
その結果として、大きなストレスがあるのも当然でしょう。
寝る前に考え事をして、不眠症になると訴える人が多いです。
昼夜に関わらず仕事をすると、概日リズムという体の1日のサイクルが乱れて、不眠症になります。
このようなタイプの人は、リズムを整えるメラトニンが非常に効果的でしょう。

ストレスが多い不眠でも、1日の生体リズムが整うことで、眠りやすいコンディションを作ることができます。
そのためにも、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンが役立ちます。

一般に人の睡眠時間は90分サイクルが繰り返され、区切りのいいところで起きれば目覚めがいいと言われています。
90分サイクルを良好に保つことも、メラトニンの役割だと考えて構いません。
生活面に気を付けていても、加齢によるホルモン分泌減少は避けられないことから、適切にメラトニンを補うことが大切です。

さらにメラトニンの効果を実感したいという人は、いくつかのテクニックを使うと良いでしょう。
人間の体は、一度温まってから徐々に温度が低くなる段階で入眠すると考えられています。
そこで、軽いストレッチで体を温めたり、就寝時間の少し前に入浴したりするなどの工夫をしてみましょう。
温かい飲み物も体を芯から温めて、メラトニンの効果アップに繋がります。

ストレスを避けた生活は難しいものの、心地よい眠りがあれば心身ともに回復力が高まります。
そのサポートに、サプリなどでメラトニンを摂取・補給する人が増加してきました。

不眠症の原因は知らないほうがいい!?

不眠症の原因がストレスだという人は、寝る前につらいことなどを思い出して考え事をする傾向があります。
その日のうちに問題の解決方法が見つかれば、気分よく朝を迎えられると思うのも当然でしょう。
ただし、就寝時間に頭をフル回転させ考え事をすると、余計に眠れない状態になることがわかっています。

脳が覚醒状態に入ってしまうと、眠りを促したりリラックスさせたりする副交感神経ではなく、日中の活動を促進する交感神経が高ぶります。
同時に眠りを促すメラトニンの分泌量が減少する恐れがあり、余計に眠れない状態になるという仕組みです。
ストレスの原因を考えることで、その間もストレスに晒されているのと同じだと思って構いません。
不眠症を改善したいなら、就寝時間にはリラックスした状態を作りましょう。

不眠症にはいくつかの分類があり、入眠障害・中途覚醒・早期覚醒があります。
入眠障害はなかなか眠りにつくことが出来ず、中途覚醒は途中で目が覚めて再び眠ることが難しく、最後に早期覚醒は起床時間が早まってしまうコンディションという分け方です。

考え事をして余計に眠れないという人は、3つの分類のうち入眠障害に当てはまるでしょう。
眠りに入りにくい人は、メラトニンの効果を活用すると不眠症の改善がしやすいです。
ストレスの原因は明日考えればよいと割り切り、ベッドや布団に入ったら考えない方が良いとされています。

もし不眠症の原因をはっきりさせたとしても、眠る時間にはその場でできる解決方法は見つかりませんし、見つけたとしても自分だけで解決を終えることは難しいでしょう。
心身ともにしっかり眠ってからのほうが、冷静な判断力やストレスの原因を解決に導く的確な手段を検討する力が取り戻せます。

関連記事
サイト内検索