• ホーム
  • ネキシウムの効果が期待できる疾患まとめ

ネキシウムの効果が期待できる疾患まとめ

多様な薬

プロトンポンプ阻害薬であるネキシウムは様々な胃酸過多が原因と考えられる疾患に対して高い効果が期待できる薬です。
だからと言って全ての胃の疾患に有効という訳ではなく、中には治せない疾患もあるので何に有効なのか理解を深めていきましょう。

まず下部食道括約筋と呼ばれる筋肉が食道と胃の間にありますが、この筋肉は酸が逆流して胃から食道へと送り込まないようにガードする役割を担っています。
しかし、下部食道括約筋が何らかの原因で機能が低下したり胃酸が大量に分泌されると胃内圧が下がったり食道へと逆流してしまいます。
いわゆる逆流性食道炎と呼ばれる疾患ですが、ネキシウムは逆流性食道炎に対してとても有効です。

逆流性食道炎は酸が逆流することが原因ですが、ネキシウムを服用することで酸の分泌量が多すぎる状態を改善して分泌量が減少するので、逆流することもなくなってきます。
ただし、プロトンポンプの機能が低下する根本的な原因は食生活の乱れなどが原因なので、ネキシウムを服用しても根本的な原因の解決にはなりません。

次に胃腸炎や胃潰瘍・十二指腸潰瘍・吻合部潰瘍などの疾患に対してもネキシウムが有効的です。
正常な状態であれば酸などの攻撃からガードするバリア機能が胃壁には合って、酸化分泌されても乱れることはありません。
何らかの原因によってバリア機能が低下すると胃の粘膜は酸の攻撃から防ぐことができなくなって破壊されます。

するとみぞおち周辺がズキズキと痛んだり、酸が口の中に上がってきて酸っぱさを感じることがあります。
酷くなると吐き気や嘔吐が伴うこともありますが、これらの疾患に対してもネキシウムが効果的です。
ただし、症状の原因にピロリ菌が関係している場合には駆除する必要があるので、抗菌剤などの服用もしなければなりません。

この他にも機能性胃潰瘍や機能性ディスペプシアや二日酔いにも効果があるので、これらの症状でお悩みの方は服用してみましょう。

逆にネキシウムでは治せない胃の病気とは

ネキシウムはエソメプラゾール・マグネシウム水和物を成分としている医薬品で、消化性潰瘍用剤やプロトンポンプ阻害剤、プロトンポンプ・インヒビターなどの区分に分類が行われています。
10mgと20mgの2種類が用意してあり、疾患の種類が症状などに応じて処方を受ける事が出来ます。
ネキシウムは胃酸の分泌を抑えてくれるお薬で、主に胃腸炎、胃潰瘍や逆流性食道炎の治療に使用されます。

作用が強く効果が早く生じる事もあるなど、胃潰瘍と十二指腸潰瘍などの場合は投与期間が6~8週間などの制限が設けられていると言います。
再発を繰り返す胃腸炎、逆流性食道炎や症状により継続して飲み続ける必要がありますが、肝機能への負担が生じるなどからも、定期的に血液検査や肝機能、腎機能の検査を受ける事が必要です。

ネキシウムは胃潰瘍の治療でも処方が行われる医薬品ですが、胃潰瘍の多くは胃の中に住み着いているピロリ菌が原因と言われています。
ピロリ菌が陽性の場合には除菌療法を最優先にしなければなりません。
仮に、ピロリ菌が陽性であるのにも関わらず、ネキシウムを服用しても胃潰瘍を治せないわけです。
ピロリ菌の除菌に成功すれば、難治性の潰瘍の場合でも大半が完治出来ると言われています。

胃潰瘍の原因として意外と多いと言われているのが、鎮痛薬によるもので、鎮痛薬の中止する事が原則で、長期服用の場合での再発予防はプロトンポンプ阻害薬でもあるネキシウムが有用です。
この場合も、鎮静薬を使用しながらでは胃潰瘍が治らない事になるなど、病院での診察の時には現在服用している医薬品についてきちんと担当医に話をする、医薬品名などはお薬手帳に記載があるので忘れずに持参するようにしましょう。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索