• ホーム
  • ネキシウムの正しい飲み方、服用方法

ネキシウムの正しい飲み方、服用方法

りんごの中の薬

ネキシウムは服用後の24時間、胃液の酸性度をコントロールする薬となっています。
胃酸の分泌を強力に抑制する事により、胃潰瘍や十二指腸潰瘍といった胃腸全般の症状に改善効果が期待可能です。
そもそも胃酸過多とは胃腸の中で胃酸が過剰な量になってしまう事であり、主な原因として考えられるのが自律神経のバランスが崩れる事だったりします。
主な症状は胸焼けや胃液の逆流であり、ネキシウムを服用する事により胃酸過多による様々な症状の改善効果を得る事が可能です。

ネキシウムの正しい飲み方や服用方法ですが、基本的には食前と食後のどちらのタイミングで服用しても問題はありません。
飲み方として大事なのは飲むタイミングではなく、症状によって決められた量を1日のどこかできちんと飲む事です。
つまり疾患により飲む用量が違うので、服用方法としては特にそこに注意する必要があります。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍の人は、1日1回20mgを服用する事になります。
ただし胃潰瘍の場合は基本的に8週間までの服用で、十二指腸潰瘍は6週間までです。
再発抑制のための用量としても、1日1回20mgを服用する事になります。
ネキシウムはピロリ菌の除菌補助のために使用される事もあり、その際は1日1回20mgを服用しなければなりません。

もっともネキシウムには併用禁忌と呼べる、危険な飲み合わせが存在しています。
他の薬を服用している人は飲み合わせに注意が必要です。
更に服用の際に注意を要する人としては、過去に薬物過敏症に陥った経験がある人です。
薬物過敏症とは薬物に含まれる成分にアレルギー反応を示したり過剰に反応してしまう事であり、ネキシウムの服用でも生じる恐れがあるので注意が必要です。

肝障害の人は、ネキシウムの服用に注意しなければなりません。
ネキシウムを服用する事により、血中濃度が高くなる恐れもあります。
加えて高齢者の人も、身体に負担が掛かり過ぎる恐れがあるので服用の際は注意すべきです。

ネキシウムと相性の悪い危険な飲み合わせ

ネキシウムの服用方法や飲み方で注意が必要なのは、相性が良くない危険な飲み合わせがあることです。
ネキシウムと併用禁忌とされている薬の成分には、抗エイズウイルス薬のレイアタッツに含まれるアタザナビルやエジュラントに含まれるリルピビリンなどがあります。

どうして併用してはいけないのかというと、ネキシウムを服用することで胃酸が減少しこれらの成分の吸収が悪くなってしまうからです。
薬の吸収率が下がることで作用が弱まることが考えられます。
抗エイズウイルス薬を服用する場合には、ネキシウムよりもこちらを優先するのが基本になります。
薬の作用を弱めてしまう飲み合わせにはその他にも、抗真菌薬で細菌を殺菌する作用のあるイトラコナゾールや抗悪性腫瘍薬で抗がん剤として用いられているゲフィチニブなどもあります。

それとは逆に、薬の作用を強めてしまう飲み合わせもあるので気を付けなければいけません。
抗不安薬や催眠鎮痛薬として用いられているジアゼパム、抗てんかん薬として知られるフェニトインなどです。
その他にも抗血栓薬で狭心症の治療に用いられるシロスタゾール、免疫を抑制する作用がありリウマチなどの治療に使われるメトトレキサートなどもあります。

それから飲み合わせに注意が必要なのは薬だけではありません。
健康食品などにも注意が必要です。
例えば、健康食品にセイヨウオトギリソウの成分が含まれていると、ネキシウムの作用を弱めてしまう恐れがあるからです。
セイヨウオトギリソウは精神を安定してリラックスさせる効果があるとして健康食品やハーブティーなどに含まれていることがあります。
持病がある場合や健康のために健康食品などを利用している場合には、薬剤師に相談してみるのもいいかもしれません。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索