• ホーム
  • 胃酸過多に悩んでいるならネキシウムがおすすめ

胃酸過多に悩んでいるならネキシウムがおすすめ

ネキシウムとは、胃粘膜の壁細胞に作用することで胃酸の分泌量を抑制できる薬です。
プロトンポンプ阻害薬に分類され、主に逆流性食道炎の治療に用います。
他にも胃酸過多が原因で発症する消化器系の病気に使われ、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などにも有効です。

ネキシウムを逆流性食道炎の治療に用いる場合、成人ならば基本的に20gmのカプセルを1日1回服用します。
作用が強いため、通常の症状ならば8週間までの服用までです。
多くの逆流性食道炎患者は、8週以内に症状が改善されて、ネキシウムを服用しなくても問題ない状態にまで治癒します。
しかし、ネキシウムを8週ほど服用しても症状が改善しない難治性逆流性食道炎の患者は、維持療法に切り替え服用を継続することもあります。

逆流性食道炎は、胃の中の胃液や食べ物が食道に逆流する病気です。
胃の中は粘膜によって胃液から間もあれていますが、食道に胃液が逆流すると粘膜がただれたり潰瘍ができる可能性があります。
逆流性食道炎まで進行しない場合でも、胃酸過多によりげっぷが増えたり、胸やけや吐き気など不快な症状が現れるのが特徴です。

これまでは、逆流性食道炎は食道と胃のつなぎめにあたる筋力の低下が原因の患者が多く、高齢者に多い病気でした。
しかし近年では、食事や生活習慣、ストレスなどを原因とした若い患者が増加しています。

脂肪分の多い食事を行うと、他の栄養素よりも消化の負担が大きいため、胃酸の増加や下部食道括約筋のゆるみが生じます。
頻繁に脂肪分が多めの食事を摂取する場合、胃酸過多になるリスクが高まるので注意が必要です。
適度な飲酒は、胃の働きを活性化し消化酵素の分泌を増やすなど、健康に良い働きもあります。
しかし、胃が荒れていると、飲酒による刺激で胃液と粘膜のバランスが崩れ、さらに胃粘膜に負担を与えてしまいます。

生活習慣として胃に刺激を与えるのがタバコです。
因果関係ははっきり判明していませんが、煙が胃を刺激することで胃酸が多く分泌されると考えられています。
他にも、タバコを吸うと胃酸を中和する唾液の分泌量が減少する傾向にあり、逆流性食道炎の患者は禁煙が推奨されています。

逆流性食道炎と胃潰瘍の症状について

ネキシウムは2011年から販売され、国内で4番目のプロトンポンプ阻害薬に分類されます。
胃の粘膜の壁細胞に作用して、胃酸の分泌量を強力にコントロールします。
ネキシウムは胃酸を抑える作用が強いため逆流性食道炎や胃潰瘍の治療で多くの実績が有り、医師に第一選択薬として選ばれます。

以前販売されていたPPI のオメプラゾールを改良したもので、この薬は結果に個体差が出ていました。
ネキシウムは個体間変動が少ない薬剤ですが、すでに分泌された胃酸には効果が発揮できません。
ネキシウムを服用後36時間経過すると、プロトンポンプに作用して胃酸の分泌量が抑えられます。
この作用によって、胸やけやのどの圧迫感などの症状が改善されます。

1日1回の服用で24時間は胃酸の分泌が抑えられます。
分泌が抑えられることで胃の中のphを上げられて、抗菌薬の効果も高めてくれます。
臨床試験で逆流性食道炎の治癒率は87.3%あり、さらに治癒した患者に半年間ネキシウムを飲み続けてもらう臨床試験では、87.5%が逆流性食道炎の再発を防げました。

逆流性食道炎の場合は1日1カプセルの服用を8週間処方されるのが一般的ですが、症状が再発することが多いので半年から1年ほどかけてゆっくりと治療する必要があります。
服用時間に決りはありませんが、朝に胸やけや苦い感じがするのであれば前日の夜寝る前に服用することがベストとなります。

ネキシウムを服用する以外にも、逆流性食道炎や胃潰瘍の改善に必要なことがあります。
それは食事や生活を見直すことです。
タバコや飲酒は胃を刺激して胃酸が出やすい状態になります。
それに加えて食事でも、脂の多いものや甘い物・酸っぱい物・辛いものも避けましょう。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索