逆流性食道炎の原因とは

錠剤と瓶と葉

逆流性食道炎とは、下部食道内圧の低下などが原因で、胃内容物が食道、口腔内に逆流する病気のことです。
食べ物を飲み込む際には、下部食道が内圧を絶妙に調整して、食べ物を胃に運び、胃内容物が逆流しないようにきつく閉めます。
しかしその一連の動作がうまくいかなくなった状態が逆流性食道炎になる状態であると言えます。

逆流性食道炎になると、胸やけや呑酸などを呈します。
食道裂孔ヘルニア、肥満、脂肪食、加齢などが原因となります。
内視鏡で食道粘膜にびらんや潰瘍などの粘膜障害を認める逆流性食道炎の他に、それらを認めない非びらん性胃食道逆流などもあります。

近年この疾患は増加傾向にあり、有病率は10~20%です。
滑脱型食道裂孔ヘルニアや全身硬化症、食道胃吻合術後、重症心身障害児に多く見られ、食道潰瘍やバレット食道をきたすことがあります。
長期に罹患していると、食道腺癌に移行することもあります。
ヘリコバクターピロリの除菌によって胃内の酸性度が高まると一時的に増悪することがあります。
そのため、違和感を感じたら出来るだけ早めに病院に行く必要があります。

症状としては、食後や夜間に横になると胸やけや呑酸がみられます。
診断には内視鏡が最も有用であり、食道粘膜の発赤、びらん、潰瘍などを認めます。
また、食道内圧測定で下部食道内圧の低下を認めます。
内視鏡で異常がない場合は非びらん性胃食道逆流症を考えて、食道内24時間pHモニタリングを行います。
早期に診断し、治療を開始することによって、最大限の効果を得ることができます。

また、食後に横になるのをやめたり、頭の高さの高い姿勢でいることによって、症状がすっと治まることもあります。
逆流性食道炎は原因に即した治療を行うことが大切です。
病院では薬物を投与されることもありますが、その場合には処方された薬を忘れずに飲みましょう。
定期的に検査を受けながら治療をしていけば、決して怖い病気ではありません。

耳の痛みで行った病院で逆流性食道炎と言われた!なぜ

耳が痛いときに病院に行くとしても、消化器内科にはまず受診しません。
耳鼻科か総合内科などに行く人が多いのではないでしょうか。
しかし、神経の作りというのは複雑に入れ組んでいます。

どのあたりをどんな神経が支配しているかを表したものをデルマトームと言います。
感覚が末梢の部分で刺激されて中枢に届くまでのどこかで刺激が加わると、あたかもその部分の感覚のように感じられるのです。
例として、右足を切断している人も切断面をさすっていると、右足の指先を触られているような感じがすることがあります。
他にも胃のむかつきがあると訴える人が実は心筋梗塞であるケースもあります。
耳の感覚を支配している神経は三叉神経とよばれていますが、この神経は、顔から首の一部分も支配しています。
そのため、頸部の食道の痛みが耳の痛みとして感じられることがまれに起こります。

このように、痛みを感じる場所が必ずしも症状のある部位であるとは限らないのです。
逆流性食道炎によって、食道が酸を受けると確かに痛みを感じます。
しかし、耳を支配する神経と頸部の食道を支配する神経のそれぞれの支配領域は互いにオーバーラップしているため、逆流性食道炎の痛みがあたかも耳の痛みとして感じられたということになります。

医師の側もこのようなケースでは鑑別が非常に難しくなる場合があります。
このような場合には問診が肝になってくることが多いので、質問された事項には詳しく答える必要があります。
問診の情報が少ないと診断が遅れて適切な治療を受けられないことがあるからです。
体の異常を何か感じた時は原因が分からない場合は自己判断せずに、出来るだけ早く医師の診察を受けることが重要です。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索